USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > PortableApps製「SRWare Iron Portable」のインストールとプラグイン導入手順Firefox・Chrome > PortableApps製「SRWare Iron Portable」のインストールとプラグイン導入手順
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2014/12/13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「SRWare Iron Portable」は、「SRWare Iron」(ドイツSRWare社によるChromium派生ブラウザ)をPortableAppsがポータブル化したブラウザです。
SRWare Ironのポータブル版といえば以前紹介した「X-Iron」の方がレジストリを汚さず、無駄なフォルダも作らなくて行儀がいいのですが、Javaプラグインを導入できないのが気になっていたので乗り換えてみました。ちなみにIMEをオンにした状態でショートカットキーが効かない問題はいつの間にか対応されていたようで大変快適になりました。

スポンサード リンク



インストール方法
以下のページで「Download Now」をクリックしてダウンロードし、インストーラーに従い任意の場所にインストールしてください。

日本語化+キャッシュを無効にする方法
SRWare Iron Portableは多言語仕様のはずなんですが、バグのためにデフォルト状態では英語になっています。また、X-Ironと違ってキャッシュフォルダがすぐに肥大化してしまうため、iniファイルを作成し、日本語化とキャッシュを無効化する起動オプションを追加してみました。
【設定手順】
1.「IronPortable\Other\Source」フォルダの中にあるAppNamePortable.iniをコピーして、IronPortable.exeと同じ階層に貼り付ける。
2.貼り付けたAppNamePortable.iniをIronPortable.iniにリネームして、テキストエディタで開く。
3.一番上に
AdditionalParameters=
という項目があるので、ここに「--lang=jp --disk-cache-size=1 --media-cache-size=1」を追加して
AdditionalParameters=--lang=jp --disk-cache-size=1 --media-cache-size=1
とする。
以上で完了です。

参考サイト
起動オプション - Google Chrome まとめWiki

スプラッシュ画面を消す方法
上の手順で作成したIronPortable.iniをテキストエディタで開き、
DisableSplashScreen=false
という部分を、
DisableSplashScreen=true
と書き換える。
以上で完了です。

ダウンロートフォルダの変更方法
SRWare Iron Portableのデフォルトのダウンロードフォルダは「C:\Users\ユーザー名\Downloads」に設定されていたので変更しました。
指定したフォルダは自動的に相対パスで認識されるようなので、「IronPortable」フォルダ以下の場所にダウンロードフォルダを作っておくと、フォルダごと移動したときに再設定しなくて済むので楽です。自分の場合は「IronPortable」フォルダの中に作りました。
【設定手順】
1.「IronPortable」フォルダの中に新しいフォルダを作成して、Downloadsなど分かりやすい名前をつける。
2.SRWare Iron Portableを起動して右上の「メニュー」>「設定」>最下部の「詳細設定を表示...」をクリック
3.ダウンロード保存先の「変更」をクリックして1で作成したフォルダを指定する。
以上で完了です。

アップデート方法
基本的に「IronPortable」フォルダの中の「Data」フォルダだけ差し替えれば設定を移行できます。
あとは必要に応じて「IronPortable.ini」やダウンロードフォルダを移動してください。

Flash、Silverlight、Javaプラグインの導入手順
「Firefox Portable」のPluginsフォルダの中身を「IronPortable\Data\Plugins」フォルダにコピペしてみたところ、WindowsMediaPlayerプラグイン以外は動作していたので
Flashプラグイン、Silverlightプラグイン、Javaプラグインの導入については以下の記事を参照してください。

Windows Media Playerプラグインの導入手順
1.以下のページで「here」というリンクを右クリックし、「名前をつけてリンク先を保存」する。

2.メニュー>設定>拡張機能で設定画面を開き、ダウンロードしたwmpChrome.crxをウィンドウにドラッグ&ドロップ>「追加」をクリック。
以上で完了です。

動作確認サイト
那覇市議会インターネット中継-議員名でさがす

スポンサード リンク

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/145-46cc52cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。