USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > USBメモリで持ち運べる定番の動画プレイヤー「SMPlayer Portable」動画プレイヤー > USBメモリで持ち運べる定番の動画プレイヤー「SMPlayer Portable」
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/09/15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「SMPlayer Portable」
海外製(日本語対応)
最終更新:2010.2.23
容量:約43.2 MB
公式サイト:SMPlayer - 一般情報
関連2chスレ:ソフトウェア板>SMPlayer Part3

「SMPlayer Portable」は、ほぼ全ての動画形式を再生することができるコーデック内蔵型の万能動画プレイヤーです。Mplayer系のプレイヤーでは最も有名で、ポータブルな動画プレイヤーとしてはVLCと人気を二分している感じです。動作が軽く、シークが速いのが特徴で、マウスホイールでのシークや、再生速度の変更、字幕の変更など、一般的な機能は大体揃ってます。日本語に対応している動画プレイヤーの中では一番使いやすいと思います。

スポンサード リンク




主な機能、特徴

  • コーデック内蔵で、ほぼ全ての動画形式を再生できる。
  • レジューム機能を実装し、途中まで見た動画を同じ位置から再生できる。
  • マウスホイールによるシークができる。
  • 指定した区間のリピート再生ができる。
  • 字幕のフォント、サイズ、色を設定できる。
  • ISOファイルをマウントせずに再生できる。
  • 音程を維持したまま変速再生ができる。
  • スクリーンキャプチャができる。
etc

欠点、不満点
  • シーク時にしっかり止まらない動画がある。
キーを離したときにすぐ止まってくれる動画もあれば、ひたすらズレてしまう動画もあったりしてかなり偏りがあります。個人的にはこれが最大の欠点です。

  • 大きい動画を再生すると画面からはみ出る。
いちいちウィンドウを移動させるのが面倒です。そもそも起動時のウィンドウを画面中央に設置できないのが困ります。

まとめ、感想
以前はメインで使っていましたが「MPlayer WW」に乗り換えてからはあまり出番がありません。日本語に対応していて使いやすいのでホントはこっちをメインにしたいんですが。バージョンアップごとに着実に使いやすくはなってきているので、なんとかシーク機能も改善してもらいたいところです。

「SMPlayer Portable」と「MPlayer WW」の比較
「SMPlayer Portable」から「MPlayer WW」に乗り換えた際に気づいた点なんかを挙げていきます。
まず、「MPlayer WW」の方が良かった点は
  • 起動が速い。
  • CPU使用率が低い。
  • どの動画でもシークがキッチリ止まる。
  • DVDメニューの表示ができる。
といったあたりです。個人的にはシークがピタッと止まってくれるのが一番大きいです。また、重い動画の再生もけっこう踏ん張りが効く感じがします。
次に「SMPlayer Portable」の方が有利な点は
  • 日本語に対応している
  • 動画ファイルが入ったフォルダをドラッグ&ドロップして再生できる
  • 再生、停止のショートカットキーがある
  • 指定した区間のリピート再生ができる
という感じ。やはり日本語対応の安心感は大きいです。
個人的には「MPlayer WW」が日本語対応するか、「SMPlayer Portable」のシークがキッチリ止まるようになればほぼ不満は無くなるのですが、なかなか難しそうです。

インストール方法
公式サイトから「smplayer-portable」をダウンロードして、解凍すればすぐ使えます。コーデックの追加は本家Mplayerから「Windows x86 20071007」をダウンロードして、「mplayer\codecs」フォルダに入れて下さい。

おすすめ設定
メニューのオプション>環境設定から設定を変更します。
  • シークをヌルヌルにする
インターフェイス>シークタブで「ドラッグ中に位置へシークする」に変えるとシークが多少滑らかになります。
  • アニメーションを切る
インターフェイス>フローティングコントロールタブで「アニメーション」のチェックを外すとちょっと軽くなります。
  • 下ホイールで早送り、上ホイールで巻き戻しにする
普通はこのほうが使いやすいと思います。キーボードとマウス>マウスタブで「マウスホイールのシークを逆転する」にチェックを入れてください。
  • 起動時の画面の大きさを固定する
インターフェイス>インターフェイスタブで「位置とサイズを記憶する」のチェックを外す。大きい動画を見たあとにSMPlayerを起動すると画面が大きいままなのが邪魔くさかったので。
  • 多重起動の抑止
インターフェイス>実行タブで「インスタンスを1つのみ使用する」にチェックすると多重起動を抑止します。アクティブにはならないのがちょっと不便です。
  • ファイルごとの設定を記憶しない
全般>全般タブで「すべてのファイルの設定を記憶する」のチェックを外します。ファイルごとに設定保存はちょっと大げさすぎる気がしたので。これでレジューム機能もオフになります。
  • スキンの変更
インターフェイス>インターフェイスタブのGUIでデフォルト、ミニ、Mpcから選べて、再起動すると適応されます。
個人的なお気に入りはMpc風のスキンなんですが「次へ」、「前へ」ボタンが無いのがちょっと不便です。

(追記)
DVDメニューは「SMPlayer Portable」でもオプション>環境設定>ドライブで「DVDメニューを有功にする」にチェックを入れることで対応可能でした。(2chで指摘していただきました。)試験的とのことで若干不安定なようですが、メニュー無しよりかはずっと使いやすいので一応チェックを入れておきました。

スポンサード リンク

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/56-87f86012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。