USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > USBメモリで持ち運べる多機能な動画プレイヤー「KMPlayer Portable」動画プレイヤー > USBメモリで持ち運べる多機能な動画プレイヤー「KMPlayer Portable」
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/09/23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「KMPlayer Portable」
海外製(日本語対応)
最終更新:2010.9.15
容量:約53.2 MB
ダウンロードサイト(英語):PortableAppZ
公式サイト(英語):The KMPlayer's Forums
関連2chスレ:ソフトウェア板>KMPlayer Part7

KMPlayerはコーデック内蔵型の多機能な韓国製動画プレイヤーです。ポータブル版はPortableAppZで配布されてます。動作はやや遅いんですが、非常に多機能で、重い動画の再生に強いのウリです。知名度ではVLCやSMPlayerに一歩及びませんが、なかなか優秀なプレイヤーだと思います。
(11/11追記)
※「RegFromApp」で調べてみたところ、起動するだけでレジストリにかなり書き込むのでポータブルアプリとしてはイマイチです。自分は現在使っていません。

スポンサード リンク




主な機能、特徴

  • ほぼ全ての動画ファイルを再生できる。
  • SWFファイルにも対応。(ただしPC側の「Adobe Flash Player ActiveX」が必要)
  • 重い動画ファイルでもコマ落ちしにくい。
  • スキンが豊富
  • レジューム機能を実装し、途中まで見た動画を同じ位置から再生できる。
  • 音程を維持したまま再生速度の変更ができる。
  • 指定した区間のリピート再生ができる。
  • 多彩な字幕設定が可能。字幕の表示位置、字幕品質などを設定できる。
  • スクリーンキャプチャができる。
  • avi形式での動画キャプチャができる。
  • 破損したAVIファイルの再生ができる。
  • Winampのプラグインに対応。
etc

欠点、不満点

  • 起動が重く、複数再生したときの繋ぎも遅い。
  • シークが微妙
大抵の動画はカクついたり、止めた位置からずれたりして使い物になりません。シークバーのシンクロ率も悪いです。

まとめ、感想
起動速度やシークがイマイチなので普段使いにはちょっと厳しい気がします。一応、重い動画用として入れてますが、最近はメインの「MPlayer WW」も割と頑張ってくれるのでなかなか出番がありません。多機能なので色々高度な使い方ができそうなんですが、今のところ持て余し気味です。フォルダ内の動画を自動的に取り込んでくれるところは気に入ってます。

インストール方法
PortableAppZから「KMPlayer Portable」をダウンロードして、インストーラに従って適当な場所にインストールして下さい。

おすすめ設定
個人的に使いやすくなった設定を紹介します。

  • 画面サイズをオリジナルサイズに変更する
右クリック>画面調整>再生開始時の画面サイズ>オリジナルサイズ(ソース)に変更。
大抵の動画プレイヤーはこの設定がデフォだと思います。

  • アスペクト比を維持しつつウィンドウサイズに合わせる
右クリック>画面調整>「アスペクト比を自動設定」にチェックを入れる。
これも大抵のプレイヤーではデフォかと。

  • ウィンドウサイズに合わせる
右クリック>画面調整>「ウィンドウサイズに合わせて調整」にチェックを入れる。
ウィンドウの大きさを変えたときに余分な黒帯がなくなります。

  • ウィンドウを画面中央に設置する
いつも端っこに表示されるとちょっと使いにくいので。
右クリック>オプション設定>環境設定>一般設定>再生設定で「画面中央にビデオウィンドウを設置」にチェックを入れる。

  • 常に手前には表示しない
右クリック>画面調整>表示/その他>「手前に表示しない」に変更。
最前面にするときは自分で決めたいので。

  • シークバーの色を固定する
デフォルトでは起動するたびにシークバーの色が変わってウザいので。
右クリック>オプション設定で「拡張メニューの表示」をチェックしてから右クリック>スキン>カラーテーマでカラーテーマやシークバー(K-ANP)の色を変更(固定)できます。僕はとりあえず「使用しない」にしました。

  • スキンを変更する
右クリック>オプション設定>環境設定>一般設定>スキンでDefault.ksfから(内部スキン)に変更。
デフォルトスキンはあまり好みでないので。他のスキンに変えたい場合は公式サイトから気に入ったスキンをダウンロードして、「KMPlayerPortable\App\KMPlayer\Skins」フォルダに入れてから同様に変更してください。

  • WMVのシークを速くする
右クリック>オプション設定>環境設定>ソースフィルタの「Windows Media」タブで「KMP内部のASF Reader/ソースフィルタ」にチェック。
2ch情報です。これでWMVのシークが多少速くなるようです。

  • タスクトレイに最小化させない
右クリック>オプション設定>環境設定>一般設定>「一般」タブで「最小化時にトレイに収納」のチェックを外す。
タスクボタン派なので。

  • マウス操作の変更
右クリック>オプション設定>環境設定>キーボード/マウスで細かく設定できます。
僕は左クリックを一時停止、ダブルクリックを最大化に変えて、ホイールを5秒ジャンプにして横のチェック(上下を逆にする)を入れました。

  • スプラッシュを消す
重いファイルの場合はスプラッシュが動画にカブってしまうので。
KMPlayerPortable.iniを開いて「DisableSplashScreen=false」をtrueに変えると消えます。


スポンサード リンク

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/61-40d661b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。