USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > タスクトレイにCPU使用率、メモリ使用率を表示する常駐ソフト2選常駐ソフト > タスクトレイにCPU使用率、メモリ使用率を表示する常駐ソフト2選
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/09/27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加





タスクトレイにCPU使用率を表示するソフト「Monica」


「Monica」
日本製
最終更新:2006.4.21
容量:約35 KB
公式サイト:NeTREKER

「Monica」はCPU使用率をタスクトレイに数値で表示する常駐ソフトです。0~79%のときは青色、80~99%のときは赤色、100%になると赤地に白色で表示など、CPUの使用率によって色が変化するのでとても分かりやすいです。青色から赤色へ切り替える数値は自由に変えることができます。
【インストール方法】
公式サイトから「Monica Ver. 1.16」をダウンロードして解凍してください。
【使い方】
起動するとタスクトレイに常駐します。トレイアイコンを右クリック>Options>Thresholdで青色から赤色へ切り替える数値を変えられます。

スポンサード リンク




タスクトレイに空きメモリを表示するソフト「Memory Defragmenter」


「Memory Defragmenter」
日本製
最終更新:2001.6.1
容量:約764 KB
公式サイト:Soft Mania
ダウンロードサイト:Vector

「Memory Defragmenter」はメモリの最適化や、タスクトレイにCPU使用率、空きメモリ(%)、システムリソースなどの表示ができる常駐ソフトです。多分メモリの最適化がメインのソフトだと思うんですが、僕は空きメモリの表示だけに使ってます。本当は空きじゃなくて使用率の方を表示して欲しかったんですが、慣れれば意外と平気でした。CPU使用率も表示できますが、「Monica」の方が色が変わったりして分かりやすいです。ちなみに上位版の「WinMeter」もありますがパーセンテージで表示できないのが個人的にイマイチでした。
【インストール方法】
Vectorからダウンロードして解凍してください。
【使い方】
起動するとタスクトレイに常駐するので、トレイアイコンを右クリック>「空きメモリ(%)」を選択すると空きメモリを表示できます。起動時のウィンドウを消したいときは、トレイアイコンを右クリック>設定>表示関連で「起動時にウィンドウを表示しない」にチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

まとめ、感想
ネットカフェなどで低スペックなパソコンに当たってしまったときにはCPU負荷やメモリの空きが気になるので、タスクトレイで一目で確認できるのは便利です。ただ、どちらもちょっと古めのソフトなので(特にMemory Defragmenterの方)、そろそろ新しいソフトに切り替えたいんですが、どうもしっくりくるソフトが見つからないのが悩みです。ウィンドウ表示のタイプは置き場に困るのであんまり使いたくないんですよね。個人的には心絵門というソフトが一番理想に近かったのですが、これはユーザー名ごとに設定を保存する仕様なので出先で使うには厳しそうです。(行きつけが決まってたらアリかもしれませんが。)一応自前のパソコンにはこっちを入れてます。


スポンサード リンク

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/63-052fb25b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。