USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > 軽くて使いやすい定番のレジストリクリーナー「CCleaner Portable」レジストリクリーナー > 軽くて使いやすい定番のレジストリクリーナー「CCleaner Portable」
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/10/02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「CCleaner Portable」
海外製(日本語対応)
最終更新:2010.9.27
容量:約3.03 MB
公式サイト(英語):Piriform - Download CCleaner, Defraggler, Recuva, Speccy -
ダウンロードページ:Piriform - Builds
関連2chスレ:ソフトウェア板>【レジストリ】CCleaner 箒7本目【削除】

「CCleaner Portable」はUSBメモリで持ち運べる定番のレジストリクリーナーです。パソコンを使うにつれ溜まっていく不要なファイルやレジストリを削除して、動作を軽くすることができます。レジストリの削除は割とあっさり目のようですが、その分問題が出ることも少ないです。基本的に自宅用のソフトですが、出先では使用したソフトの痕跡を消すときなんかに使えます。(まあ大抵のネットカフェは再起動すれば消えると思いますが。)また、OS、CPU、メモリ、グラフィックなどを表示できるのでPCスペックを軽くチェックするときにも意外と便利です。

スポンサード リンク




インストール方法
公式サイトから「CCleaner - Portable」をダウンロードして解凍するだけです。日本語化はメニューのOptions>Settings>Languageで「Japanese」を選択してください。

「CCEnhancer」で対象ソフトを増やす
「CCEnhancer」という拡張ソフトを使うと不要ファイルを削除する対象ソフトを増やすことができます。基本的にはiniファイルを追加するだけのソフトです。
【導入手順】
1.CCEnhancerをダウンロードして起動する。
2.「CCleaner is not installed,~」と表示されたら「いいえ」を選択。
3.Extra>Install For Portable CCleanerでCCleaner.exeの入っているフォルダを選択。
4.「Would you like to run CCleaner now?」と表示されるので「いいえ」を選択。
以上です。「winapp2.ini」を削除すると元に戻ります。

基本的な使い方
【不要ファイルの削除】
1.メニューから「クリーナー(C)」を選択して削除したい項目にチェックを入れて「解析」をクリック。
2.しばらく待って削除対象ファイルの一覧が表示されたら「クリーンアップ開始」をクリック。

【不要レジストリの削除】
基本的に上記と同じ流れです。
1.メニューから「レジストリ(G)」を選択して削除したい項目にチェックを入れて「問題点をスキャン」をクリック。
2.しばらく待って削除対象ファイルの一覧が表示されたら「問題点を解決」をクリック。(このときレジストリをバックアップするか訊かれるので一応保存しておきましょう。レジストリを元に戻すときはバックアップしたREGファイルをダブルクリックするだけです。)
3.「選択したすべてを解決」をクリック。

スポンサード リンク


コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/65-4bf9dab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。