USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > マイナーな形式への圧縮が可能な圧縮解凍ソフト「PeaZip Portable」圧縮解凍ソフト > マイナーな形式への圧縮が可能な圧縮解凍ソフト「PeaZip Portable」
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/10/05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「PeaZip Portable」
海外製(日本語対応)
最終更新:2010.9.22
容量:約9.51 MB
公式サイト:PeaZip download free RAR 7Z TAR ZIP extraction
ダウンロードサイト:PeaZip Portable | PortableApps.com
関連2chスレ:ソフトウェア板>圧縮解凍ソフトいいのはどれ? Part34

「PeaZip」は非常に多くの形式に対応するオープンソースの圧縮解凍ソフトで、PortableAppsでポータブル版が配布されてます。(ちなみに公式サイトにもStandalone版というのがあったんですが、設定変更時にレジストリに書き込むようだったので止めておきました。)特徴は様々な形式への圧縮が可能な点で、ZIP、7Z、ARC、BZ2、GZ、PAQ/LPAQ、PEA、QUAD、TAR、UPX などに対応しています。また、CD/DVDサイズに合わせた分割圧縮や、圧縮率やファイルの暗号化、パスワード設定など一通りの機能は備えています。使い勝手は「WinRAR Portable」や「7-Zip Portable」とほぼ同じです。

スポンサード リンク




インストール方法

PortableAppsから「PeaZip Portable」のインストーラをダウンロードして実行。インストーラに従って適当な場所にインストールして下さい。日本語化は、「PeaZip Portable」を起動してOptions>Localizationで「ja-[バージョン].txt」というファイルを選んでください。

スプラッシュを消す方法
気になる人は消してください。
1.「PeaZipPortable\Other\Source」フォルダの「PeaZipPortable.ini」をPeaZipPortable.exeと同じ階層にコピーする。
2.コピーした「PeaZipPortable.ini」を開いてDisableSplashScreen=falseをtrueに変更する。

基本的な使い方
  • 解凍方法
圧縮ファイルをドラッグ&ドロップすると書庫の中身が表示されるのでCtrl+Aで全て選択してから左から3番目の「解凍」ボタンをクリック。「新規フォルダに解凍」にチェックを入れて、解凍先(最初は圧縮ファイルと同じ場所)を選んで「OK」をクリックすると解凍が始まります。
  • 圧縮方法
「PeaZip Portable」を起動して左メニューの「コンピュータのルート」あたりから圧縮したいファイルを選択。左から2番目の「変換」ボタンをクリックして、各オプションを決めて「OK」をクリックする圧縮が始まります。(ちなみにドラッグ&ドロップも可能なようですが、希に「アクセスできません」というエラーが出る原因がよく分かりませんでした。)

まとめ、感想
圧縮や解凍の速度はやや遅いんですが、対応形式の多さと、マイナーな形式に圧縮できるという点は優れているので一応保険として入れてます。正直、あまり使わないような気がしますが。


スポンサード リンク

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/67-8d954578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。