USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > USBメモリで持ち運べる定番のアンチウイルスソフト「ClamWin Portable」セキュリティ > USBメモリで持ち運べる定番のアンチウイルスソフト「ClamWin Portable」
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/10/08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「ClamWin Portable」
海外製(日本語未対応)
最終更新:2010.9.8
容量:約9.84 MB
公式サイト:Free Antivirus for Windows - Open source GPL virus scanner
ダウンロードサイト:ClamWin Portable | PortableApps.com
日本語パッチ配布サイト:http://works.xworks.org/l10n/security/clamwin/
関連2chスレ:セキュリティ板>【オープンソース】ClamWin Antivirus part2【フリー/クラウド】

「ClamWin Portable」はUSBメモリで持ち運べるオープンソースのアンチウイルスソフトです。指定したフォルダやファイルのウイルス検索・駆除が可能で、出先で怪しいファイルをチェックするときに便利です。検出率はそこそこという印象ですが、ポータブルなアンチウイルスソフトは選択肢が少ないのであまり文句は言えません。なお、日本語パッチは今のところ最新版には対応していないようです。(11/12追記)日本語パッチ配布サイトは現在サーバーが落ちているようです。

スポンサード リンク




インストール方法

1.PortableAppsからダウンロードしてインストーラに従って適当な場所に展開する。
2.初回起動時にウイルス定義ファイルの更新するか訊かれるので「はい」をクリック。
3.しばらく待って完了したら「Close」をクリックして終了です。

初期設定
ツールバー左端の「設定」ボタンをクリック>GeneralタブのInfected Filesという項目でウイルスを発見したときの動作を設定します。「スキャンのみ、削除、隔離フォルダ(ClamWinPortable\Data\quarantine)に移動」から選べますが、削除だと誤検出のときに困るので隔離かスキャンのみがおすすめです。ちなみに隔離フォルダが相対パスではなかったのであれ?っと思ったんですが、どうやら起動したときに自動で指定してくれるみたいです。

基本的な使い方
1.「ClamWin Portable」を起動したらツールバーの左から2番目のボタンをクリックしてウイルス定義ファイルを更新する。(ちなみに5日以上更新していない場合はダイアログでちょくちょく警告されます。)
2.ドライブ一覧からスキャンしたいフォルダを選択して下の「Scan」をクリック。(ここでウイルスを見つけたときは赤っぽい文字で表示され、設定を隔離にしている場合は「ClamWinPortable\Data\quarantine」フォルダに移動します。)
3.「Close」をクリックして完了です。


スポンサード リンク

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/69-025231ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。