USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > USBメモリで持ち運べるお手軽なキーカスタマイズソフト「X Button Maker」常駐ソフト > USBメモリで持ち運べるお手軽なキーカスタマイズソフト「X Button Maker」
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/11/07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「X Button Maker」
日本製
最終更新:2009.1.16
容量:約407 KB
公式サイト:またたびソフトウェア
ダウンロードページ:Vector
関連2chスレ:ソフトウェア板>キーカスタマイズソフト 2

「X Button Maker」はUSBメモリで持ち運べる常駐型のキーカスタマイズソフトです。ソフトごとにキーを入れ替えるたり、複数のキーの組み合わせを一つのキーに割り当てる事が可能です。普段あまり使わないキーによく使うショートカットキーや押しにくいショートカットキーを登録することで、効率良く作業することができます。設定が簡単なので初心者にもおすすめです。

スポンサード リンク




主な機能、特徴

  • レジストリ未使用。
  • 複数のキーを一つのキーに割り当てる事ができる。
  • ソフトごとに別々のキーを割り当てることができる。
  • NumLockキーを無効化できる。(割り当ては無理)
etc

インストール方法

Vectorから「X Button Maker」をダウンロードして、インストーラを「Universal Extractor」(紹介記事)などで展開してください。本体は「$INSTDIR」フォルダの中身なので、他のファイルは削除してもかまいません。

基本的な使い方
1.「batten.exe」を起動し、トレイアイコンを右クリックして「キーアサインの設定」を選択。
2.左上の「追加」ボタンをクリックし、起動しているソフトをクリックで指定して「OK」。(ソフトの識別方法は「タイトル名」「実行ファイル名」「ウィンドウクラス」から選べますが、とりあえずウィンドウクラス>実行ファイル名>タイトル名という順番で試すのがいいかと思います。)
3.「変更したいキーの設定」と「変更後の動作設定」でキーを指定して、「登録」をクリック。
4.最後に右側の「OK」をクリックして完了です。
詳しい説明は設定画面右側の「使い方」をクリックすると見られます。

まとめ、感想
USBメモリで持ち運べるキーカスタマイズ系のソフトとしては「AutoHotKey」が有名ですが、いちいちスクリプトを書くのが面倒なので、自分は単純なキーの入れ替えなどはほぼ「X Button Maker」に任せています。ただ、「X Button Maker」は現在シェアソフトに移行してしまったため、今後のことを考えると「AutoHotKey」に慣れておいた方が良さそうです。


スポンサード リンク

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/83-af41a163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。