USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > USBメモリで持ち運べるコンパクトで多機能な電卓ソフト「M電卓」電卓ソフト > USBメモリで持ち運べるコンパクトで多機能な電卓ソフト「M電卓」
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/11/09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「M電卓」
日本製
最終更新:2010.7.10
容量:約2.6 MB
公式サイト:M電卓 / RectPacker
ダウンロードページ:Vector

「M電卓」はコンパクトで多機能な電卓ソフトです。レジストリを使わず、ランタイムも不要なのでUSBメモリで持ち運んで使用できます。関数計算、日付・時計計算、消費税計算などさまざまな計算に対応し、キーカスタマイズやフォントの変更も可能です。デフォルトではウィンドウが小さくてちょっと使いずらいのですが、設定で大きくしたりテンキーボタンの表示を消すこともできます。出先でちょっとした計算をするときなどにおすすめのソフトです。

スポンサード リンク




主な機能、特徴

  • 外部ストレージで使用した場合、レジストリ未使用。
  • ランタイム不要。
  • テンキーボタンの表示を消すことができる。
  • キーカスタマイズができる。
  • 計算履歴を利用できる。
  • 関数計算、日付・時計計算、消費税計算ができる。
etc

インストール方法
1.Vectorから「M電卓」(最新版)をダウンロードして、インストーラを「Universal Extractor」(紹介記事)などで展開する。(「MdenSetup」というフォルダができるので名前を「Mdentaku」など分かりやすいものに変えておくのがおすすめです。)
2.フォルダをUSBメモリ内に移動させて「M電卓」を起動する。(このとき自動的にiniファイルが作成されます。)
以上で完了です。なお、パソコン内で起動させると設定をレジストリに書き込むので注意してください。iniファイルを作成した後でもダメなようです。

おすすめ設定
設定変更は「M電卓」の適当な場所を右クリックして「オプション」を選択してください。
  • 「表示」で「常に手前に表示」にチェックを入れる。
  • 「フォントと色」でフォントを大きくする。(フォントの大きさを変えることで全体の大きさも変えられます。ちなみに自分は14にしてます。)
  • 「その他」で「二重起動を禁止する」にチェックを入れる。
このあたりは変えておいた方がいいかと思います。また、ノートパソコンで使う場合は、その他>キーカスタマイズで「mjkluio」キーを0123456に、「;」と「:」を+と*に変えておくとNumLockキーが不要になるのでおすすめです。

まとめ、感想
動作が軽くて使い勝手も良いので、メモを見ながらちょっとした計算をするときなどに使用しています。電卓ソフトは意外とランタイムが必要なものが多いので、ポータブルかつランタイム不要という点は非常に優秀です。ただ、パソコン内に置いて使用したときは必ずレジストリに書き込むという仕様はイマイチ納得いかないところです。

スポンサード リンク


コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/84-52f12db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。