USBメモリで快適なWindows環境を整えます。

Home > スポンサー広告 > ファイルを高速にコピーすることができる定番のコピー支援ソフト「Fire File Copy」ファイル管理ソフト > ファイルを高速にコピーすることができる定番のコピー支援ソフト「Fire File Copy」
--/--/--
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリー :  スポンサー広告
2010/12/05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「Fire File Copy」
日本製
最終更新:2009.4.27
容量:約651 KB
公式サイト:A-1 DRIVE -Software / Fire File Copy
関連2chスレ:ソフトウェア板>Fire File Copy Part10FireFileCopy ⇔ FastCopy

「Fire File Copy」は空きメモリを利用してファイルコピーを高速化することができる高機能なコピー支援ソフトです。巨大なファイルや大量のファイルをコピーするときの時間を短縮することができ、HDDに優しいというメリットもあります。同種のソフトとしては「FastCopy」も有名で、こちらのスレで優劣などが議論されていますが、自分はプログレスバーは表示させたかったので昔から「Fire File Copy」愛用しています。なお、シェル拡張をするとレジストリに書き込んでしまうので、ポータブル環境で使用する場合はX-Finderの右クリックメニューなどに登録するのがおすすめです。(ドラッグ&ドロップでも使えますがあまり使い勝手がよくないので。)

スポンサード リンク




インストール方法
公式サイトからUNICODE版をダウンロードして、適当な場所に解凍してください。「FFC.exe」を起動すると初期設定が行われるので、シェル拡張しないように以下の通り進めてください。
1.「設定ファイルがありません。これより初期設定を行います」で「OK」
2.「エクスプローラの右ドロップメニューを拡張しますか?」で「いいえ」
3.「右クリックメニューを拡張しますか?」で「いいえ」
4.設定ダイアログを開きます。ご確認ください」で「OK」
5.設定画面が表示されるので「OK」
以上で完了です。

基本的な使い方
1.「FFC.exe」を起動し、「From」に移動したいファイルをドラッグ&ドロップする。
2.「To」に移動先のフォルダをドラッグ&ドロップで指定する。
3.「GO」を押すとコピーが始まります。(移動や同期をしたいときは拡張処理の下で選べます。)

スポンサード リンク

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://usbcafe.blog111.fc2.com/tb.php/98-b816e9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
サイト内検索

人気記事ベスト10 (過去30日)

RSSを購読

このブログについて

USB Hacks !

Author:echo77
このブログではUSBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運べる「ポータブルアプリ」を中心に紹介していきます。詳しくはAboutをご覧ください。

過去の記事
ブログパーツ

この日記のはてなブックマーク数

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。